パナソニック(津賀一宏社長)は10月4日、個人/法人向けのモバイルノートPC「Let's note」の2016年秋冬モデルとして、「SZ6」「RZ6」「LX6」「MX5」シリーズを10月14日に発売すると発表した。また、パナソニックコンシューマーマーケティングがウェブ上で運営するパナソニックのショッピングサイト「Panasonic Store」では、「カスタマイズLet's note」の秋冬モデルとして「SZ6」「RZ6」「LX6」を10月14日から順次発売する。

 「SZ6」「RZ6」「LX6」シリーズは、最新の第7世代インテルCoreプロセッサを搭載し、第6世代と比べて演算処理は約10%、グラフィック処理は約5%性能アップした。ワイヤレスWANモデルでは、LTEの通信速度を従来の3倍となる300Mbpsに向上し(SZ6/RZ6)、より高速なデータ通信を実現した。「MX5」シリーズについては、第6世代Coreプロセッサを搭載したモデルとなる。

 また、法人向けには、第6世代Core vProプロセッサを搭載したSZ5、RZ5、LZ5、MX5シリーズのWindows 7 Professionalプレインストール済みモデル(Windows 10 Proダウングレード権行使)も継続販売する。なお、個人向けでは、約849gと軽量なSZ6ドライブレスモデルもラインアップしている。

 一方、Panasonic Storeで販売するカスタマイズLet's noteでは、20周年記念モデル第2弾として、「SZ」シリーズで本体色にアニバーサリーゴールド、Windows 10 Pro、SSD2TB(1TB+1TB)、メモリ16GBを搭載し、LTE対応の最上位モデルを200台限定で用意した。さらに数量50枚限定で、七宝柄の特別カラー天板「七宝&ゴールド」も選択することができる。世界に1台の特別感を演出するレーザー刻印のシリアルNo.入り銘板を採用し、ゴールドカラーのバッテリーパック2本(Lサイズ、Sサイズ)を標準で付属している。20周年記念モデルは、11月11日に発売する予定。

 商品バリエーションも強化した。「SZ6」「LX6」シリーズのプレミアムエディションではCore i7-7500Uプロセッサ、プレミアムエディション以外ではCore i5-7200Uプロセッサを採用。「RZ6」シリーズでは、Core i7-7Y75プロセッサ、またはCore i5-7Y54プロセッサを搭載する。また、「SZ6」「RZ6」「LX6」各シリーズで、SSD1TB/メモリ16GB採用のハイスペックなモデルを用意したほか、「RZ6」シリーズでは、好評の本体色ジェットブラックを、プレミアムエディション以外の機種にも展開する。

 Panasonic Storeならではのカスタマイズサービスメニューも拡充。プレミアムエディション以外の機種でも、盗難保証までサポートする「3年特別保証プレミアム」が選択可能となった。また、顧客の使用環境に応じて「Windows 10 Pro 64ビット」「Windows 10 Home 64ビット」が選択できるほか、「SZ6」シリーズには淡くシックなピンクのカラー天板「スモーキーピンク」を追加した。

 税別価格は、個人/法人向けモデルともすべてオープン。Panasonic Storeのカスタマイズモデルは、SZ6シリーズが20万9800円から、同プレミアムエディションが23万8828円から、RZ6シリーズが19万2800円から、同プレミアムエディションが21万9828円から、LX6シリーズが17万9800円から、同プレミアムエディションが23万3628円から。