ニフティ(三竹兼司社長)は10月26日、中国・大連に本社を置くソリューションプロバイダの大連華信計算機技術(大連華信、劉軍董事長)とクラウド事業で協業し、パブリッククラウドサービス「ニフティクラウド」をOEM提供すると発表した。「ニフティクラウド」を海外の企業にOEM提供するのは今回が初めて。大連華信は、中国国内企業向けに「華信商用雲 Powered by NIFTY Cloud」を提供する。

中国では現在、ITビジネス市場の拡大にともない、企業のクラウドコンピューティングに対する需要が高まっている。ニフティはこれまで、日本市場で培った開発・運用力を生かし、主に中国に拠点を置く日系企業向けに、クラウドサービスをクララオンライン(家本賢太郎社長)と共同で提供してきた。

今回、中国市場で多岐にわたる業界・分野でのソリューション構築実績をもつ大連華信とも協業。同社の提案力や販売網とニフティのクラウド技術を組み合わせることで、高性能かつ高品質なパブリッククラウドサービスを中国国内企業に対しても提供する。

ニフティでは、今後も現地企業とのパートナーシップを強化し、中国市場でクラウド事業を拡大していく方針。