NTTソフトウェア(山田伸一社長)は10月27日、ウェブサイトのぜい弱性を診断する「TrustShelter/ST」の自動診断範囲を拡大した新バージョンの提供を開始した。

 TrustShelter/STは、顧客が必要な時に、その場で簡易にウェブアプリケーションのセキュリティぜい弱性を自動診断できるサービス。今回の新バージョンでは、OSやミドルウェアを対象としたプラットフォーム自動診断を追加することで、ソフトウェアの各階層に潜在するぜい弱性のトータルな診断を実現することが可能となった。

 サーバーやネットワーク機器のOSやミドルウェアを中心に、OS/ミドルウェア/アプリケーション/データベースのぜい弱性、バックドア/ウイルス感染のチェック、パスワード/証明書のチェック、通信の暗号化のチェック、第三者中継のチェックなど、幅広くぜい弱性を診断することができる。

 税別価格は、基本料金が無料、プラットフォーム自動診断が1IPあたり3万円/回。オプションプランとして、報告書作成が1IPあたり2万円、報告会が1回10万円。