日本マイクロソフト(平野拓也社長)は、企業や組織のIT導入運用に関わる技術者や経営者を対象に「Microsoft Tech Summit」を11月1~2 日の2日間にわたって開催する。

 日本マイクロソフトにとって、今年初めて実施される有料の技術カンファレンス。クラウド、アプリケーション基盤、プロダクティビティ、セキュリティ、モビリティなどをテーマに、ビジネスで必要な最新技術やソリューション動向を知ることができる。今年9月に米国・アトランタで開催のイベント「Microsoft Ignite」で提供された最新情報のなかから、厳選した内容を日本市場向けにアレンジして提供する。

 キーノートでは、日本マイクロソフトの平野社長が登壇して「最先端のセキュリティとテクノロジに支えられたクラウドにより生み出される価値」をテーマに、同社のテクノロジーに関する方向性を具体的な製品を交えて説明する。ほかにも、七つのトラックを軸に100を超える実践的なセッションを用意した。

 デジタル技術を活用して変革を実現するノウハウの習得で課題を克服することができそうだ。参加費は、通常での申し込みで8万円(税別)。早期や団体で申し込むと、割引価格で参加が可能。


開催日時
2016年11月1日(火)~2日(水)
9:00~19:00

会場
 ヒルトン東京お台場
 東京都港区台場1-9-1

来場対象業種
インフラエンジニア、アーキテクト、IT戦略立案の担当者など

参加費(税別)
通常価格:8万円、
早期申込割引価格:6万8000円、
団体割引価格:6万4000円、
資格取得者割引価格:5万6000円、
他社資格保有者割引価格:5万6000円