エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、Flexera Softwareが提供するマルチプラットフォーム向けインストーラ開発ツールの最新版「InstallAnywhere 2017」を11月2日に発売した。

 InstallAnywhereは、一貫性の高いインストレーション・エクスペリエンスを物理、仮想、クラウドの各環境に提供するアプリケーション開発者向けのマルチプラットフォーム・インストーラ開発ソリューション。単一のプロジェクト・ファイルやビルド環境から、オンプレミスプラットフォーム向けに信頼性の高いインストーラを作成する。プラットフォームは、Windows、Linux、Apple、Solaris、AIX、HP-UX、IBMに対応。また、Dockerにも対応しており、Install Anywhereプロジェクトから、簡単にDockerイメージと従来型のインストーラの両方をビルドすることもできる。

 今回の最新版ではUIデザイナーを改良。インストール中のパネルをデザイン可能なWYSIWYGデザイナーによって、より早く簡単に見栄えのよいインストーラを作成することが可能となった。作成したデザインをテンプレートとして使用することで、製品内のブランディングの統一性も保つことができる。

 また、ファイルタイプをもとにして、自動的に適用可能なプラットフォームルールを定義することで、インストール開発を簡素化した。さらに、Linuxパッケージマネージャーから依存関係をインストールすることで、RPMやDEBの前提条件を管理する処理を軽減している。

 税別価格は、「InstallAnywhere 2017 Professional 英語版」が34万7800円、「InstallAnywhere 2017 Premier 英語版」が74万9800円。