ネットワンパートナーズ(川口貴久社長)は、ネット詐欺対策ソリューションにフォーカスした米Easy Solutionsとディストリビュータ契約を結び、なりすましメール監視サービス「DMARC Compass」とフィッシングサイト検知・封鎖サービス「Detect Monitoring Service」を、パートナー経由で11月10日に発売した。想定する主な顧客業種は、金融機関・クレジットカード事業者・ECサイト事業者。

 DMARC Compassは、送信ドメイン認証の新しい標準規格「DMARC」を活用し、指定した送信ドメインに関連するメールをリアルタイムですべて監視することで、なりすましメールを検知する。さらに、そのメールの受信者側の取り扱いポリシーを「受信拒否/迷惑メールとして隔離/指定なし」から、サービス利用者側が設定を可能とすることで、なりすましメールを無効化することができる。

 一方、Detect Monitoring Serviceは、指定したウェブサイトに関連する情報(ログインページのコピーサイト/ドメインの新規登録情報/ウェブサイトの特殊検索/ソーシャルメディア監視等)をリアルタイムで収集・分析して、迅速にフィッシングサイトを検知する。24時間365日稼働するオペレーションセンターが、フィッシングサイトのプロバイダやドメインレジストラなどと連携、検知から平均3.6時間で封鎖する。ブラックマーケットで流通しているクレジットカード情報を監視して、被害を防ぐこともできる。

 この2つのサービスは、いずれもクラウド型のため迅速に利用可能で、専用のカスタマポータル上で簡単に操作できるため、運用負荷も軽減できるとしている。ネットワンパートナーズでは、顧客からの問い合わせを受け付けるサポート窓口を提供するとともに、国内の顧客ニーズをEasy Solutionsにフィードバックして、サービス機能を改善することでパートナー企業の提案を支援していく。