チエル(川居睦社長)は11月17日、小中学校で「アクティブ・ラーニングを支える基礎・基本の確実な習得・定着」を目的にデジタル教材や教務支援システムをクラウド化して一元的に提供する、小中学校向け「教育クラウドサービス」を開始すると発表した。第一弾として「らくらく教材クラウド(仮称)」を企画・開発し、全国の教育委員会、小学校・中学校を対象に2017年4月から販売する予定。価格はオープン。

 らくらく教材クラウド(仮称)は、学校での授業と家庭での学習をつなぎ、子どもたちの基礎・基本の定着を図るだけでなく、クラウド上の学習履歴を用いて、子どもたち一人ひとりの学習の進捗状況の確認や分析ができる機能を合わせて提供することで、「学びの可視化」を実現し、先生の個に応じた指導を支援する。

 具体的には、「アクティブ・ラーニングを支える基礎・基本の確実な習得・定着」をテーマに、一斉学習・個別学習・協働学習、家庭での学習(反転学習)、習熟度の確認テストや検定サービスなどさまざまな学習場面に対応する教材を提供する。学習履歴をクラスごと、学習者ごとに蓄積し、先生の管理画面から確認・分析することができる。個に応じた「学びの可視化」により、データエビデンスに基づいた一人ひとりの指導、学びの支援が可能になる。また、タブレット対応教務支援システムのらくらく先生スイートと連携することで、クラウド上の教材から授業で使いたい教材をすぐに見つけることができ、教材準備の時間を大幅に短縮することができる、としている。