オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、顧客に最適なクラウド環境を提供するため、「奉行 10」の新クラウドモデルを11月25日に発売した。

 新クラウドモデルでは、顧客のITの現状・要望にあわせて、最適なクラウド環境を選ぶことが可能となった。システム全体のクラウド化や、既存システムとの連携を考慮したクラウド活用など、多様なニーズに対応することができる。

 また、顧客の必要な業務から、部分的・段階的にクラウド化することが可能。顧客のニーズに応じて、会計・給与といった基幹業務はもとより、まだIT化できていない業務も含め、必要な業務だけを選んで部分的・段階的にクラウド化を進めることができる。

 さらに、制度改正やITなどの環境変化に継続的に対応する。クラウド運用を強力にサポートする安心のメンバーシップサービス「OMSS LLS(OMSS Long Lifecycle Support)」により、度重なる制度改正やIT環境の変化に対し、常に新しい奉行シリーズを継続的に提供することで、安心して利用することが可能としている。

 新クラウドモデルは、「奉行 10クラウド」(パブリッククラウドモデル)と「OBCクラウドサービス」(オールインワンモデル)の2モデルを用意。税別価格は、例えば「勘定奉行 i10」3ライセンスの場合、奉行 10クラウドが1か月あたり4万円から(年額48万円から)。OBCクラウドサービスが初年度1か月あたり11万9584円から(年額143万5000円から)、次年度以降1か月あたり9万4584円から(年額113万5000円から)。契約は、年単位となる。