オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、企業と会計士・税理士をつなぐ本格的なクラウドパッケージ「奉行Jクラウド」を12月22日に発売した。

 奉行Jクラウドは、奉行シリーズのクラウドサービス展開の第一弾で、小規模法人向けの専用商品。企業の会計事情を考慮し、会計士・税理士とのコラボレーションの仕組みを標準的に実装し双方のコミュニケーションが円滑に進められる、さまざまな特徴的アプローチを用意している。

 会計士・税理士と一緒に使うことができ、同じデータをリアルタイムに共有することができる。同時に同じ画面を見ながらアドバイスを受けることができ、効率的な運用が可能となっている。また、取り込んだ領収書の画面を見ながら取引入力が行えるほか、支払先情報から科目を自動設定するため、効率的に処理することができる。

 Windowsアプリケーションによって高度な操作性と高速入力を実現。集計結果も一度に素早く表示し、必要な項目がすぐに見つかるクイックサーチなど、直感的な操作性で効率性を追及している。

 税別価格は月額4980円(税務業務ライセンス1ID付属)。今後は、WebAPIを利用してさまざまなサービスと連携、伝票などの自動起票の範囲も拡張する予定。クラウドならではの継続的な利用価値の向上を提供していく。