ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は4月27日、クラウド対応で屋外専用の高性能アクセスポイント「AP322」を発表した。

 AP322は、IP67(防塵防水規格)に準拠し、3×3MIMOと802.11acをサポートした屋外専用アクセスポイント。ウォッチガードのWi-Fi管理プラットフォーム「Wi-Fi Cloud」との連携によって、競技場や学校、屋外カフェやショッピングモール、ホテルのプール施設などで活用することができる。

 5GHzと2.4GHz対応のデュアルバンド同時接続機能を提供し、それぞれ最大1.3Gbps、450Mbpsの速度を実現。また、無線ごとの3つの空間ストリーム(3x3MIMO)により、大規模なユーザーグループの同時アクセスに対応できる帯域幅とパフォーマンスも提供する。さらに、2つのギガビットイーサネットポートを備えているため、APを追加してサービスを拡張することが可能で、PoE+のサポートにより、柔軟で容易なインストールを実現している。