ロジクール(笠原健司代表取締役社)は、カメラ、マイクスピーカーを搭載したオールインワンタイプのビデオ会議システム「Logicool MeetUp(ミートアップ)」と、拡張マイク「EXPANSION MIC FOR MEETUP」を、7月中旬から法人向け製品として発売する。税別価格は「MeetUp」が11万250円、拡張マイクが3万3250円。

201706131021_1.jpg
MeetUp

 政府が推進する働き方改革の後押しを受け、在宅でも出社勤務と同じようなコミュニケーションを取れるビデオ会議システムの市場は右肩上がりで伸びている。法人営業本部の妻鹿行雄本部長は、日本市場におけるビデオ会議システムについて「毎年70%以上の成長率で売り上げが拡大している。大会議室だけではなく小会議室でも手軽にビデオ会議を実施しており、中小規模会議室向けのビデオ会議システムが好調だ」と話した。
 
201706131021_2.jpg
市場規模について説明する妻鹿本部長

 MeetUpは、USB接続対応の小規模会議用ビデオ会議システムで、電源ケーブルとPCを接続するUSBケーブルの2本で利用できる。カメラは120度の広角レンズを採用し、小規模な会議室でも幅広く、より多くの参加者を映し出すことができる。4Kの動画撮影にも対応する。5倍HDズームや175度まで広がるパンチルドズームによって、任意の対象物を鮮明に映し出すことができる。

 音声面では、エコーやノイズを抑える小規模会議室向けの双方向無指向性マイク3基を搭載する。事前にカメラをセットアップしておくことで、Bluetooth接続を通じて3か所までの映像を映し出すこともできる。カメラのズームや角度調節ができるリモコンも付属する。これとは別に、近くにあるカンファレンスカムの自動検出機能やリモコン機能を有するスマートフォン(iOS/Android)向けアプリの無料配信を予定している。本体サイズは幅400×奥行き104×高さ85mmで、重さは1.04kg。