NTTデータ(岩本敏男社長)とミラクル・リナックス(伊東達雄社長)、サイバートラスト(眞柄泰利社長)の3社は、IoT分野での次世代ソリューションの実現に向けた技術開発・検証と、それらのサービス確立を目的に協業を行うことで8月7日に合意した。

 この協業により、産業機器へのIoT導入で培ってきた実績とクラウド基盤構築、組み込みソフトウェア、セキュリティといった技術的優位性を生かし、まずはPKI(公開鍵基盤)を利用したコネクティッドカー向けIoTセキュリティソリューションを中心に、今年10月をめどに実証実験を開始する。

 各社の役割は、NTTデータがクラウドやエッジコンピューティングの基盤技術と大規模プラットフォームを提供。ミラクル・リナックスは、車載を含むさまざまな産業機器向けOSなどの組み込みソフトウェアを提供する。そして、サイバートラストでは、ネットワークセキュリティ技術と電子認証センターの運用実績を活用していく。

 今後、3社の協業領域を拡大していくなかで、エッジコンピューティングやAIを活用した次世代IoTソリューションについても技術開発を進め、将来のコネクティッドカーやスマート工場に向けた最先端のプラットフォームサービスを顧客に提供していく考え。