ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は8月23日、Firebox M Seriesアプライアンスのハードウェアアップグレードモデルとして「M370」、「M470」「M570」「M670」の4モデルを発表した。

 今回の新モデルは、急速に増加している暗号化ウェブトラフィックの処理に最適化。独立系テストラボMiercomの検証では、HTTPS暗号化トラフィックに対するパフォーマンス評価で、競合製品と比較して約3倍の処理スピードを達成している。

 M470、M570、M670については、Copper/Fiber対応のポートを追加しており、4×10GbFiber、8×1GbCopperまたは8×1GbFiberのネットワークモジュールが利用可能。ユーザーは、ネットワークモジュールを追加することでCopperまたはFiberのポートを増設し、中堅規模企業のデータセンタでの10G光ファイバー回線の増加などにも対応することができる。

 また、新たに採用したチップセットにより、すべてのセキュリティ機能を有効にした環境で、暗号化トラフィックのインスペクション時のパフォーマンスも大幅に改良。Miercomの検証レポートでは、M370は、HTTPSのフルインスペクションを他社のソリューションと比較して、94%上回るスピードで実行したと報告している。