鈴与シンワート(池田裕一社長)は8月29日、セルフクラウドの新サービス「S-Port Cloud EVA」の提供を9月1日に開始すると発表した。

 S-Port Cloud EVAは、自動フェイルオーバー(HA機能)、セキュリティグループ機能、フラッシュストレージ、インターネット接続を標準装備し、スケールも自由自在に設定ができる高い機能と柔軟性を備えた国産セルフクラウド。月額2500円(税別)からの手頃な価格で利用することができる。

 主な特徴として、高可用性・耐障害性では、HA機能を標準装備したほか、無停止バックアップに対応。SLA 99.99%のサービス品質を保証する。柔軟な拡張性では、全720通りの多彩なプランの組み合わせが可能。サーバープランは12種類、OSは4種類、ストレージは15種類を用意している。

 セキュリティについては、セキュリティグループ(Port、IPアドレス)、WAF、ファイアウォール、2段階認証ログイン、SSL証明書、専用線・閉域網接続など、豊富なセキュリティソリューションを提供する。