プロシップ(川久保真由美社長)は9月7日、同社の株式が東京証券取引所市場第二部から同市場第一部に指定替えとなった。同社は、専門的な業務用パッケージシステムと各種の情報処理サービスを提供。パッケージシステム「ProPlus シリーズ」は固定資産管理、リース資産管理、賃貸借契約管理等の分野を中心に展開しており、累計導入社数は、上場大企業を中心に4500社を超えている。

 今後は、企業のグローバル対応に伴うIFRS(国際会計基準)導入等の高度化、広域化、複雑化する市場のニーズに応え、国内および海外に向けての展開を加速させていく。