アマノ(津田博之社長)は10月4日、「これからの人を考える 働き方を考える」をテーマに、労務コンプライアンス対策と労務管理費のコストダウンの両方を実現する人事労務管理パッケージ「TimePro-NX」のアドオンソフト「就業Web届出」を10月6日に発売すると発表した。税別価格は150人で30万円、300人で40万円。

 TimePro-NXは、2016年4月の発売以来、1300社を超える企業に導入されている人事労務管理の統合パッケージソフト。今回発売するアドオンソフトの就業Web届出は、導入企業からの要望が高い残業や休暇の届出承認処理を電子化することで、リアル性を高めスムーズな勤務管理を実現する。

 また、「TimePro-NX 就業ソフトウェア」を基本として、届出機能を就業項目に限定することで、中小企業でも導入しやすい価格帯で提供する。各従業員が自身の最新の勤務実績確認を行うことによる「勤務実績の見える化」によって、従業員自らの長時間労働抑制への取り組み促進にもつなげることができる。