情報通信技術のアイデアや実現力を競う全国高等専門学校第28回プログラミングコンテスト(高専プロコン)の本選が10月8~9日、明治維新ゆかりの地・山口県周南市で開催され、若きIT志士が高専日本一の栄冠をかけて熱戦を繰り広げた。

106チームが
日頃の成果を披露

 高専プロコンは1990年に第1回を開催し、2009年からはNAPROCK(NPO法人高専プロコン交流育成協会)国際プログラミングコンテストを同時に開催している。今年は周南市文化会館を会場に、「課題」「自由」「競技」の3部門で実施。予選通過校や、海外からのオープン参加チームなど計106チームが参加した。
 
 開会式では、プロコン委員長を務める主管校・大島商船高専の石田廣史校長があいさつし、「相互の友情交換を十分に楽しみ、コンテストを通じて自らの柔軟な思考にもとづいた技術力と実践力をより高めてほしい」と呼びかけた。

競技部門は都立産技高専が
全試合満点のパーフェクト優勝

 「高専プロコンの華」といわれる競技部門は、前回に引き続いて枠の中にピースをはめて絵柄を完成させるパズルゲームを採用。大ホールのステージでライバル校と机を並べ、縦21.0cm、横29.7cmの枠に、多角形のピースを制限時間内にすべて並べてパズルを完成させる早さと正確さを競った。各チームは、PCやスキャナ、カメラなどを駆使してピースの形状を取り込み、用意したプログラムで組み合わせや配置場所を模索。減点にはなるが、ヒントとして活用が認められたピースの形状情報や配置情報などを手がかりに、完成への道筋を探った。
 
201710201717_1.jpg
競技部門でパズルゲームに挑む高専生ら

 初日の1回戦4試合では、各試合の上位6チームが準決勝に進出。7位以下は敗者復活戦に回った。初日の結果を踏まえて、夜遅くまでプログラムの修正に取り組んだチームもあった。

 二日目は、敗者復活戦と準決勝、決勝戦が行われた。最終的に、東京都立産業技術高専品川キャンパスの「てんぱ組」が、唯一のノーヒントで全試合満点の偉業を達成し、優勝・文部科学大臣賞に輝いた。

 「てんぱ組」は、当初は3人でエントリしていたが、体調不良のメンバー1人が欠場する事態に。それでも3年生と1年生のコンビが奮闘。優勝が決まった瞬間、緊張から解き放たれた2人は安どの表情を浮かべていた。

課題・自由部門は
独創性に溢れた作品が並ぶ

 課題部門は、東京五輪・パラリンピックを意識して、前回と同一の「スポーツで切り拓く明るい社会」がテーマとなった。各チームは、VR(仮想現実)空間でスポーツが体験できるプログラムや、審判や観戦を切り口にしたプログラムなどを披露した。

 最高位の最優秀賞・文部科学大臣賞は、新たなスポーツ観戦・上達の支援システム「STEP――スコアブックと連動する動画閲覧システム」を開発した鳥羽商船高専が受賞した。

 自由部門は、水田の監視システムや会話型事故防止システム、ドローンを活用した水産業支援システムなど、課題部門に負けじとばかりの独創性に溢れた作品が並んだ。

 最優秀賞・文部科学大臣賞は、複数人でデバイスを囲み、タッチしたユーザーを識別しながらゲームを楽しむ「EachTouch」を発表した香川高専詫間キャンパスが獲得した。

高専出身の起業家が
会場の後輩にエール

 閉会式の前に行われた高専出身の起業家による特別講演会では、さくらインターネットの田中邦裕社長(舞鶴高専卒)とjig.jpの福野泰介社長(福井高専卒)が登壇。会場の後輩たちにエールを送った。

 田中社長は、「世の中、何をみるかで結論は変わる。やりたいことをみつけるために高専生活を送ってほしい。高専はネタが多いので、すごくおもしろいことがみつかるはず。就職しても、進学しても、『その先に自分のやりたいことがある』と、確信をもつことができる人生にしてもらいたい」と訴えた。

 一方、福野社長は、「社会をみることが大事。高専から一歩外に出ると、いろいろおもしろいものがある。好奇心があると、もっと好きなことがみつかる」と強調し、「高専時代にいろいろなモノをつくって、いろいろなモノをどんどん磨いてほしい」と語りかけた。

 最後のプログラム、閉会式で講評に立った神沼靖子審査委員長は、「何よりも重要なのはプログラミング能力。これからもプログラミングの重要性を常に頭に入れて、アイデアや作品を考えてもらえるとうれしい」とアドバイスした。

 来年の高専プロコンは、阿南高専を主管校に、徳島県で開催される予定だ。

 BCNは、今コンテストで文部科学大臣賞に輝いた3チームを、来年1月26日に開催するBCN ITジュニア賞2018表彰式に受賞者として招待する。
 

「想像よりもハイレベル」
審査員から見た高専プロコン

201710201717_2.jpg

東芝デジタルソリューションズ
商品統括部
泉泰一郎
参事

 高専生の技術力や発想力は、プロの目からはどのようにみえたのか。高専プロコンでは、企業や大学など、幅広い分野の専門家が審査員を務めている。今回、初めて審査員を務めた東芝デジタルソリューションズの泉泰一郎・商品統括部参事は、「想像していたよりもハイレベルだった」と評価した。

 泉参事は、「私たちが実際にお客様とやりとりしていることと遜色ないレベルのことをやっているチームもあった」とし、「審査ができることを楽しみにしていたが、高い技術力は想像以上で、なかなかすごいなと思った」と述べた。

 具体的には「ハードウェアからきっちり手を入れて、計画段階で技術課題を明確にして、それをどうやって実現するか試行錯誤しているチームや、実際に誰かに使ってもらってフィードバックをもらっているチームもあった」と説明し、「高専生のこれまでの苦労が伝わり、若いエネルギーを感じることができた」と満足げな表情を浮かべた。

 最後に「プログラミングはもちろん大事だが、社会に出ると、同僚と協力したり、お客様とやりとりしたりする場面が必ずある。論理的思考力や実行力、コミュニケーション力を高めることにも力を入れてもらいたい」と要望し、「高専プロコンから、将来の日本のITを支える人材が出てくることを期待している」と語った。