【ラスベガス発】米CAテクノロジーズの年次イベント「CA World '17」が11月15日(現地時間)、米ラスベガスで開幕した。キーノートで登壇したマイク・グレゴアCEOは「ソフトウェアで世界を変えていける」と強調し、同社が力を入れるモダン・ソフトウェア・ファクトリが成功への「転換点」になると訴えた。(廣瀬秀平)

201711161115_1.jpg
マイク・グレゴアCEO

 グレゴアCEOは、アイデアから製品化までの流れを高速化するソフト開発の考え方「モダン・ソフトウェア・ファクトリ」が、2016年のCA Worldで披露して以降、世界中の企業や政府機関に広がっているとし、「デジタルの世界で競争に打ち勝つためには、モダン・ソフトウェア・ファクトリが欠かせなくなっている」と呼びかけた。

 具体的には、通常は3~5年かかる開発のサイクルタイムが8か月に短縮し、短期間でサービスの向上を実現した米国の大手銀行の事例などを紹介。「世界は常に変化を求めている。『いい』とか、『優れている』というだけでは不十分」と述べ、ソフト開発でも、現状に満足せず、素早く変化に対応することが重要と主張した。

 CA World '17は16日まで開催される。会場では期間中、同社とパートナーの製品やソリューションが展示されるほか、CAテクノロジーズの幹部が今後の方針などを説明する。