サイバートラスト(阿多親市社長)は10月24日、安心・安全なIoT機器やサービスの利活用を支援する「セキュアIoTプラットフォーム」を活用し、国内外のグローバルパートナーと協業して、豊かなIoT社会を実現するエコシステムを構築し提供していくと発表した。

 サイバートラストでは、公開鍵基盤(PKI)と多角的な認証によるIoT機器や利用者の真正性担保と、暗号化による機密性の確保、電子署名による改ざん防止・安全性確保、OS やソフトウェアをセキュアに更新する仕組みを一括して提供するシステム基盤として、セキュアIoTプラットフォームを提供している。このプラットフォームは、半導体設計時から廃棄処分工程まで、ライフサイクルを通じてIoT機器のセキュリティ状態を一気通貫で管理でき、ヘルスケア分野での導入が進んでいるほか、自動車や複合複写機をはじめとする他の産業分野でも採用が検討されている。

 一方、利用者には安心・安全にIoT機器を利用できる環境が、IoT機器メーカーには利用者へのセキュリティ担保が求められ、またIoTサービス提供者には開発時の検討範囲が拡大し、技術的なハードルが高まるなどそれぞれが直面するセキュリティの課題がある。

 今回、サイバートラストは、それぞれの立場だけでは解決が困難なこれらのセキュリティ課題に対して、半導体設計時から廃棄処分工程までの各レイヤーでセキュアIoTプラットフォームを組み合わせて、セキュアで豊かなIoT社会を実現するエコシステムを国内外のパートナーと協業して構築していく。ニュートラルな立場でさまざまなパートナーと協業体制を築き、安全なIoT社会の実現を目指す。