クオリティア(松田賢代表取締役)は1月18日、ISMS(Information Security Management System)として知られる「ISO/IEC 27001」に加えて、クラウドコンピューティングのセキュリティ規格である「ISO/IEC 27017」「ISO/IEC 27018」の認証を取得したと発表した。

 ISO/IEC 27017は、クラウドサービスの提供や利用に対して適用されるクラウドセキュリティの第三者認証。また、ISO/IEC 27018は、クラウドサービス事業者がパブリッククラウド上で管理する個人情報の保護に焦点をあてた国際規格となる。

 クオリティアでは、クラウドコンピューティングへの需要が高まるなか、今回の認証を取得することで国際基準の安全性と信頼性を確保し、今後もより安心・安全のサービスを提供していく方針。