クオリティア(松田賢代表取締役)は9月21日、目視による標的型メール攻撃対策ソリューション「Active!zone」に、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、牧野力会長)が提供する「安心マーク」を実装したと発表した。

 Active!!zoneは、ふるまい検知やサンドボックスなどのシステムに頼るだけではなく、ウイルスの芽を摘む「マクロの除去」やポイントを押さえて確認を促す「人の目」による判断を加えた6つの機能を備えている。今回、なりすましメールを一目で区別できるJIPDECの安心マークを実装し、より安全性の高いメール環境を提供する。

 具体的には、JIPDECのサイバー法人台帳ROBINSに登録がされている場合に、Active!zoneの送信者情報欄に安心マークが表示される。身元を偽るメールを区別するとともに、マークの存在は一目でなりすましメールでないことを示しているため、標的型メール攻撃などの重大なセキュリティ脅威に対して有効となる。