ブラザー販売(三島勉社長)は、専用のスマホアプリでラベルが作成できるラベルライター「P-TOUCH CUBE(ピータッチキューブ)」の新製品として、従来の12mmよりもさらに太い24mmテープカセットに対応し、ラベルのデザイン性や機能を拡張した「PT-P710BT」を2月中旬に発売すると発表した。

201801301251_2.jpg
24mmテープ幅に対応した「PT-P710BT」

 同社は、2016年10月に家庭向けスマホ専用ラベルライターとしてピータッチキューブ「PT-P300BT」を発売。スマートな本体デザインやスマホアプリでラベルを作成する点が評価され、発売から1年弱で、当初の年間目標販売台数の2倍となる4万台を突破した。

 今回の新製品は、24mmテープカセットまで対応しながら、スマートな本体デザインを維持した上位モデル。12mm以上のテープ幅を求める家庭向けのユーザーに加え、カフェや美容系サロンなどで使えるラベルテンプレートや活用法を新たに追加したことで、小規模事業主向けにも拡販する。

 「ショップラベル」テンプレートでは、店舗の装飾からテイクアウト品のラッピングラベルまで、簡単におしゃれなラベルが作成できる。幅広ラベルには画像や店舗のロゴを入れることができるため、デザイン性の高いラベリングが可能となる。また、「シェアラベル」テンプレートでは、画像やURLをひもづけたQRコードラベルの作成が可能。取扱説明書のURLをQRコードラベルにして家電製品に貼ることで、説明書を探す手間なくその場で確認できるなど、ラベルの活用法を広げることができる。さらに、製品本体を改良。リチウムイオン充電池搭載でコンパクトな本体サイズを維持しつつ、オートカット機能の搭載など使い勝手をさらに向上した。

 税別価格は1万2500円。年間で1万台の販売を目標としている。なお、新製品にあわせて、高級感あふれる「おしゃれテープ プレミアムタイプ」テープカセットなど10種類を新発売する。