ポリコムジャパン(ポリコム、トニー サイモンセン社長)は2月28日、ビデオ会議システムの相互運用をシンプルに実現する「Polycom RealConnect for Office 365」を日本市場向けに販売すると発表した。

 Polycom RealConnect for Office 365は、Microsoft Skype for Business Onlineをコミュニケーションプラットフォームとして選択した組織にとって、複数の異なるビデオ会議技術を相互運用させるという問題を解決する業界初の技術。国際標準規格に準拠したポリコムやシスコ、その他のメーカーの会議室用デバイスをSkype for Business会議にシームレスに接続することを可能にする、マイクロソフト認定を取得済みの唯一のビデオ相互連携ソリューションとなっている。

 Microsoft Office 365のSkype for Business Onlineユーザーと、国際標準規格に準拠した非Skype for Businessビデオ会議端末との間で、ビデオ会議の相互運用性を実現する。また、Microsoft Azureクラウドでホストされるポリコムビデオ相互運用サービスを介してSkype for businessオンプレミスユーザーと、既存のビデオ会議デバイスのユーザーとをシームレスに接続するPolycom RealConnect Hybridソリューションを提供する。顧客は、Office 365とSkype for Businessオンラインに移行する準備ができたら、RealConnect for Office 365サブスクリプションに切り替えることができる。

 ポリコムは、これまで約15年間、マイクロソフトの高性能なコラボレーションプラットフォームを使用している顧客にHD品質の音声と映像を提供してきた。昨秋、米国ポリコムは、さらに広い範囲の顧客にこれらのエクスペリエンスを提供するために、マイクロソフトとポリコムとの提携関係をさらに拡大することを発表している。