日立製作所(日立、東原敏昭社長兼CEO)は2月28日、社会インフラを支える制御システムの最適な生涯保全計画(ライフサイクルプラン)を実現する「制御システム安定稼働サービス」を4月2日に発売すると発表した。

 制御システム安定稼働サービスは、日立グループが長年培ってきた運用・保守に関する技術・ナレッジを融合し、体系化したサービス。日立パワーソリューションズ(日立パワー、石井義人社長)と日立システムズ(北野昌宏社長)とともに、顧客に納入した制御システムの運用・保守を24時間365日サポートする体制を新たに構築。日立グループがもつOT(Operational Technology)とIT(Information Technology)に関する技術・ナレッジを結集した独自のサポートプラットフォームを活用しながら、専門技術者が顧客のシステムの問題解決に対応する。

 具体的には、制御システムに関する問い合わせを24時間365日対応する統合窓口Hitachi Control System Service Center(HCSSC)で一括して受け付け、各システムで豊富な経験をもつエンジニアが、障害箇所の特定から復旧、原因調査といった障害時の対応や、定期点検といった運用・予防保守などの支援を行う。今回新たに構築したサポートプラットフォームにより、複雑化する制御システムに向けて、日立がハードウェア・ソフトウェア・アプリケーションのいずれの問題に対しても迅速に対応するほか、顧客側でも運用・保守に関するナレッジの蓄積・共有や適切な部品在庫管理が可能となる。

 これにより、障害発生時に迅速な対応が求められる産業・社会インフラ分野の制御システムで、顧客がこれまで対応してきた運用・保守業務を効率化するとともに、システムの安定稼働を支援する。今回、サービスの第一弾として、鉄鋼、火力発電、鉄道分野向けに提供し、順次、他分野に拡大していく予定。

 今後、3社はAI技術の活用など制御システムでの運用・保守の高度化を視野に入れ、サービスメニューの拡充やサービス品質の向上を図っていく。また、制御システムの導入や運用・保守だけでなく、コンサルティングや業務分析といったサービスの提供を通じ、システムライフサイクルをトータルで支えることで、制御システムの高度化・安定稼働に貢献していく考え。