エフセキュア(キース・マーティンカントリーマネージャ)は3月9日、標的型やファイルレスサイバー攻撃をはじめとする高度なサイバーセキュリティ脅威からから中小・中堅企業の顧客を守るために、パートナーネットワークを通じて、専用のEDR(Endpoint Detection and Response)のマネージドサービスをパートナーに提供すると発表した。

 エフセキュアは、チャネルパートナーがEDRソリューションを推進できるように標準的なエンドポイント保護プラットフォームを強化し、標的型サイバー攻撃などの高度な脅威を検出するために、ふるまい監視機能を提供する。エフセキュアのマネージドEDRサービスはアプリケーションを完全に可視化することで、企業に対してIT環境を視覚化する「窓」を提供する。

 また、同社ではマネージドEDRサービスプログラムに参加し、高度なサイバー脅威への対応に関心のあるチャネルパートナーを募集する。このプログラムには、包括的なトレーニングと認定が含まれ、エフセキュアの脅威アナリストのサポートを受けることで、顧客の困難な問題解決にあたることが可能となる。