IDC中国は3月9日、中国ウェアラブルデバイス市場調査の結果を発表した。2017年第4四半期の市場規模は、前年比122.1%の1521万台だった。このうち、4Gスマートウォッチの出荷台数は、同193.9%と大きく伸びた。

 ベンダー別ランキングでは、小米(シャオミ)が418万3000台で首位。市場シェアは27.5%を獲得した。2位は華為(ファーウェイ)の143万4000台(市場シェア9.4%)、3位は歩歩高(BBK)の111万7000台(同7.4%)だった。

 中国では現在、4Gスマートウォッチが好調で、都市部だけでなく、中規模の都市部や農村部でも需要が旺盛。IDC中国の潘雪菲・市場アナリストは「モバイルインターネットによって生成される多様化した消費者の需要は、4Gスマートウォッチの成長に大きく影響するだろう」と分析し、今後も急速な成長が続くとみている。(齋藤秀平)