NTTデータイントラマート(中山義人社長)は3月29日、協立システム開発(栫井幸雄表取締役)、炭平コンピューターシステム(愛甲宏明代表取締役)、サザンクロスシステムズ(永田英一郎代表取締役)の3社と資本業務提携したと発表した。各社が保有する高度な開発技術力とさまざまな業務ノウハウを掛け合わせ、業務プロセスソリューションの拡大に向けて体制を大幅に拡充する。

 NTTデータイントラマートでは、ITの進展とともに業務プロセスのデジタル化による労働生産性向上に視点を置き、さまざまな製品サービスを展開してきた。今後は間接業務の効率化だけでなく、直接業務の効率化まで企業ニーズが高まることを視野に入れ、さまざまな業種業務ノウハウを組み込んだ「業務プロセスソリューション」の拡充に注力している。

 今回の業務提携によって、各社がもつ高度な開発技術力と業種業務に特化した業務ノウハウが加わることで、開発・営業面の体制も大幅に強化され、特定業務領域への展開がより加速すると見込んでいる。さらに、多様化・複雑化する顧客ニーズに柔軟に対応できるよう、新しい業務プロセスソリューションの開発も共同で積極的に行いながら、顧客のビジネス拡大を支援していく方針。