エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、モバイルアプリの開発プラットフォーム「Realm Platform」のクラウド版「Realm Cloud」を4月18日に発売した。

 Realm Platformは、モバイルアプリにオフラインファースト機能やリアルタイムのデータ同期機能を追加するモバイルアプリの開発プラットフォーム。iOSとAndroidデバイス向けクライアントサイドのデータベース「Realm Database」と複数デバイス間とのリアルタイムの同期、コンフリクトの解決、イベントハンドリングといったサーバーサイドと連携する「Realm Object Server」を統合したフレームワークとなっている。

 今回発売するクラウド版のRealm Cloudは、簡単に使い始めることができ、直感的なユーザーエクスペリエンスとRealm Studioとのシームレスな動作により、たった10分程で最初のリアルタイムなアプリを開発、稼働できる。サーバーサイドの実装はなく、サインアップするだけで使用できる。Realm Cloudを使用して、ネットワークのインフラ管理に手間をかけずにスケールアップやスケールアウトすることで、優れたエクスペリエンスの提供に集中できる。

 税別価格はRealm Cloud Standard Edition(同時接続数1万、ストレージサイズ2.5GB、ネットワーク帯域幅月間20GB)が6万円。Realm Cloud Custom Editionは問い合わせとなる。