アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は5月8日、「Chromebook」を利用する教育機関に向けて、セキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」のウェブフィルタリングサービス「スクールパック」の提供を6月1日に開始すると発表した。価格は1ライセンス月額300円から、年額3600円から。

 Chromebookは、OSの仕様により専用のウェブフィルタリングアプリケーションを使用することができないため、従来型のウェブフィルタリング製品の導入が難しく、教育現場での活用がなかなか進まないことが懸念されている。そこで今回ALSIでは、こうした教育現場での課題を解消するために、InterSafe GatewayConnectionのスクールパックを提供することにした。

 InterSafe GatewayConnectionは、クラウドでウェブフィルタリングやサイバー攻撃対策を提供するサービス。今回のスクールパックでは、ウェブフィルタリングサービスを対象に、一般価格よりも安価な特別料金を設定した。

 スクールパックのウェブフィルタリングサービスは、国内の文教市場で多くのシェアを獲得している「InterSafe WebFilter」と同等の機能をクラウドで導入、利用できる。このためChromebookと合わせて利用することにより、利用する生徒の安全を確保しながら、教職員やシステム担当職員の管理負荷、コストの削減も実現する。