アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、SBC(Server Based Computing)環境に対応したファイル暗号化ソリューション「InterSafe FileProtection Basic」を4月27日に発売した。税別価格は、1ライセンス9000円から(5-99ライセンスの場合)。

 InterSafe FileProtection Basicは、SBCに標準対応し、シンプルに導入・運用できることが特徴。暗号化したいファイルを特定のフォルダにドラッグ&ドロップするだけで、暗号化することができる。

 暗号化されたファイルは、どこへ持って行っても暗号化されたままで、復号化(平文化)するには専用アプリケーション「InterSafe FP Client」が必要であるとともに、管理サーバーや校内サーバーと通信できる環境が必要となる。つまり、外部のPCでは、暗号化されたファイルを復号化することはできず、万が一ファイルが流出してしまった場合でも、情報そのものの漏えいを防ぐことができる。