エプソン販売(佐伯直幸社長)は、デジタルラベル印刷機「SurePress」の新製品として、シリーズ初のUV硬化インク搭載「L-6034VW」を6月28日に発売した。

 新製品は、PrecisionCore(プレシジョンコア)ラインヘッド搭載による印刷速度15m/分の高速・高画質印刷や、オペレーション工数を削減するさまざまな機能を搭載し、印刷プロセスの効率化を支援する。また、日本国内向けデジタルラベル印刷機として初めて、4色のUV硬化インクを搭載。各色のインク吐出ヘッドの隣に設置したLEDライトにより、インク着弾後、素早く仮硬化させるとともにインク滴の広がりを抑え、小ポイントの文字もシャープな印刷を実現する。

 さらに、LEDライトを採用しているため、熱に弱いフィルムなど、さまざまな基材に対応可能。耐候性、耐擦性、耐水性に優れており、屋内外の厳しい環境下で保管される工業用ラベルや、フィルム素材のステッカー・特殊シールなどの小・中ロット印刷に適している。

 税別価格は5500万円。同社では、2019年までにSurePressで累計約100台の販売を予定している。