エプソン販売は7月5日、印刷コストを抑えたビジネス向けインクジェットプリンタ「ビジネスインクジェットLモデル」3機種を7月19日に発売すると発表した。税別の参考価格は、A4カラー複合機「PX-M886FL」が10万9980円、A4モノクロ複合機「PX-M381FL」が8万9980円、A4モノクロプリンタ「PX-S381L」が7万9980円。

同梱インク量を増大、大容量需要に対応

 エプソンは、ビジネスプリンタ市場でインクジェットプリンタのシェアを高めるため、インク、保守を含めたオフィスプリンタの利用サービス「スマートチャージ」や、大容量のインクタンクを搭載した「エコタンクモデル」などをリリース。昨年発売したエコタンクモデルの「EW-M670FT」は、発売当初は家電量販店での販売が中心だったが、「多店舗展開をしている飲食店やクリニックなどから引き合いが増え、ビジネスパートナー経由での販売が好調」(高山一樹・販売推進本部 BP MD部 部長)と、ビジネス市場で普及が進んでいることを強調した。

 新製品は、月間印刷枚数500枚以上とプリントボリュームの多いビジネス現場をターゲットに、EW-M670FTの課題であった印刷速度、給紙容量、耐久性を向上。15万ページの高耐久性や、カラー/モノクロとも毎分24枚という印刷スピードを備える。

 小川浩司・取締役 販売推進本部長は「インクジェットプリンタのよさはランニングコストの安さ。これを前面に打ち出していく」と今後の戦略を語った。

 印刷コストはA4カラー複合機PX-M886FLの場合で、A4カラー文書が1枚あたり約2.0円(税別)、A4モノクロ文書が1枚あたり約0.8円(同)。前機種「LP-M720F」と比較すると、月1500枚印刷し、5年間使用した場合、トータルコストで約29万円削減できるという。
 
A4カラー複合機「PX-M886FL」

 さらに購入時から大量印刷ができるように同梱するインク量を増やした。ブラックインクを2本、カラーインク(シアン、マゼンタ、イエロー)をそれぞれ3本ずつ、計11本を同梱することとした。これにより、初期購入分だけでカラー文書は1万1000枚分、モノクロ文書は1万6000枚分印刷できる。なお、インクパックは、ビニール袋に充てんしたパックを本体底面の専用スペースに装着するだけで簡単に交換できるので、交換の手間が少なくてすむ。(山下彰子)