NTT都市開発ビルサービス(長谷川和弘社長)とNTTテクノクロス(串間和彦社長)は6月19日、オフィスビル、商業施設の利用実態の把握にデータ分析を活用し、建物管理者向けに建物の利用実態レポートと改善案作成・運営管理支援を行う「建物管理分析サービス」を共同で開発、7月1日にサービス提供を開始すると発表した。

 新サービスは、人の流れや混雑時の建物利用状況を把握するために、分析対象に応じてカメラ(画像)、センサやレーダーなど最適なデータ収集方法を活用する。さらに、収集したデータは、NTT都市開発ビルサービス(建物管理の専門家)とNTTテクノクロス(データ分析の専門家)が連携し、さまざまな切り口でデータ分析を行うことにより、ビルオーナーも気づかなかった利用実態、課題を洗い出す。また、オフィスビル、商業施設の利用実態と業務改善につながるレポート作成、改善案・運営管理支援を提案する。

 両社は今後、サービスの対象としてオフィスビル、商業施設に加えて、公共施設などさまざまな建物に利用シーンを拡大し、相互に連携してサービスの開発・展開を図っていく。さらに、オフィスビル、商業施設、公共施設などの管理業務でIoT、ビッグデータ、AIを積極的に取り入れ、次世代の都市開発、スマートビルディングの発展を支援していく。

 税別価格は、1か所50万円から(既存の防犯カメラ映像を分析し、1レポートを提出する場合)。