エクセルソフト(永山哲也代表取締役)は、インテルコーポレーションが提供するアプリケーションのパフォーマンスと信頼性向上のためのソフトウェア開発ツールスイートの新バージョン「インテル Parallel Studio XE 2019」を9月13日に発売した。

 インテル Parallel Studio XEは、最新または将来のインテルプロセッサーのパフォーマンスを最大限に引き出すコードを高速・簡単に開発できる開発ツールスイート。Microsoft Windows、Linux、macOSホストOS向けの製品を用意している。

 スイート製品には、高速なバイナリを生成するインテルC/C++やFortranコンパイラをはじめ、パフォーマンス・プロファイラ、最適化済みライブラリー、メモリー/スレッド化エラー検出ツール、スレッド化/ベクトル化のプロトタイプ作成ツール、Pythonアプリケーションのパフォーマンス向上のための統合パッケージが含まれる。

 今回の新バージョンでは、最新のインテルXeonとCoreプロセッサーでのアプリケーションのパフォーマンスの向上に役立つ新機能と拡張機能を提供。また、細かい設定を行うことなく、科学技術計算やマシンラーニングのワークロードで、ネイティブコードに匹敵する高速なPythonアプリケーションのパフォーマンスを実現する。さらに、インテルVTune Amplifierのユーザーインターフェースを改良し、単純化したワークフロー、使い慣れた用語、論理的なグループ化を採用した。

 最新の標準規格に対応し、C++17とFortran 2018機能のサポートを拡張。またOpenMP 4.5(フルサポート)とOpenMP 5.0(Preview 2)(部分サポートを拡張)に対応した。

 税別価格は、インテル Parallel Studio XE 2019 Composer Edition for C++ Windowsが12万円、同 Composer Edition for C++ Linuxが12万円、同 Composer Edition for C++ macOSが12万円、同 Composer Edition for Fortran Windowsが14万6000円、同 Composer Edition for Fortran macOSが14万6000円、同 Composer Edition for Fortran Linuxが17万2000円、同 Composer Edition for Fortran&C++ Windowsが20万6000円、同 Composer Edition for Fortran&C++ Linuxが24万9000円、同 Professional Edition for C++ Windowsが26万9000円、同 Professional Edition for C++ Linuxが26万9000円、同 Professional Edition for Fortran Windowsが31万9000円、同 Professional Edition for Fortran Linuxが31万9000円、同 Professional Edition for Fortran&C++ Windowsが38万6000円、同 Professional Edition for Fortran&C++ Linuxが38万6000円、同 Cluster Edition for Windowsが49万5000円、同 Cluster Edition for Linuxが49万5000円。