プロアクティブなマルウェア検出技術のパイオニアで知られるESETと、同社製品の国内総販売代理店であるキヤノンITソリューションズ(足立正親社長)は9月13日、「合弁会社イーセットジャパン株式会社」を設立し、9月1日に業務を開始したと発表した。国内市場でのESETのプレゼンス向上と、企業や個人の顧客向けに新規ソリューションを提供していく。

 新会社設立について、ESETのリチャード・マルコCEOは、「2003年からESET製品は日本市場で地位を築いてきた。今回のESETのオフィス開設によって、日本でのサイバーセキュリティーと、顧客のニーズにあった新しいソリューションの開発に対するコミットメントがさらに強固なものとなる」とコメント。一方、キヤノンITソリューションズの足立社長は、「高いウイルス検出力と軽快な動作を特徴とするESET製品を、日本の顧客を熟知する当社が導入前から導入後まで手厚くサポートすることで、ESETビジネスは成長してきた。イーセットジャパンの設立により、ESETと連携を深め、より迅速にソリューションやサービスを提供していく」と述べている。

 なお、新会社のカントリーマネージャーには、黒田宏也氏が就任する。新たなソリューションの導入をけん引し、顧客のニーズを開発に生かし、またセキュリティー対策向上のための情報発信に努めることで、ESETブランドの向上を図っていく考え。