Sky(大浦淳司代表取締役)は、企業・団体向けクライアント運用管理ソフトの最新版「SKYSEA Client View Ver.13.2」を9月18日に発売した。

 最新版は、使いやすさをコンセプトにログ管理・セキュリティー管理・デバイス管理といった「情報漏えい対策」や「IT運用管理」を支援する機能を搭載したクライアント運用管理ソフト。また、各メーカーのセキュリティー製品と連携することで、各種対策をさらに強化できる連携ソリューションも提供している。

 今回の最新版では、現在多くの組織が直面している三つの課題の解決をサポートする各種機能を用意した。「過重労働対策」への取り組みとして、始業前や休日出勤時にPC利用を制限する機能を追加したほか、情報セキュリティー対策として、クライアントPCを使って社外でインターネットを利用する際、強制的にVPN接続で社内ネットワークを経由させる機能も新たに搭載した。

 また、Windows 10の運用管理を支援するために、機能更新プログラムの自動アップデートを制御する機能を用意し、PCを安心して利用できるようにサポートできるようにした。