Sky(大浦淳司代表取締役)は、企業・団体向けクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.13」を3月12日に発売した。

 「SKYSEA Client View」は使いやすさをコンセプトに、ログ管理・セキュリティ管理・デバイス管理といった情報漏えい対策やIT運用管理を支援する機能を搭載している。各メーカーのセキュリティ製品と連携することで、各種対策をさらに強化できる連携ソリューションも提供している。

 今回の新バージョンでは、SKYSEA Client Viewで検知したアラート情報を他社セキュリティ製品に自動送信し、他社製品での情報セキュリティ対策などに活用できる機能を搭載。SKYSEA Client Viewが情報漏えいリスクを伴うPC操作を検知した際に、アラート情報をsyslogとして出力し、他社製品に自動送信することで、その製品での情報セキュリティ対策や分析などに活用可能となる。

 また、ソフトウェアの自動配布機能を強化。ウイルス対策ソフトウェアなどインストール必須のソフトウェアが導入されていないPCの洗い出しから、配布・実行までの流れを自動化することで、メンテナンス作業を簡略化できる。

 さらに、「半期チャネル」といったWindows 10のアップデート時期に関する設定を、PCごとに資産情報として収集できる。適切なアップデート設定が行われているかを確認することで、意図しない自動アップデートによるトラブル回避などに活用することができる。