【北京発】翻訳サービスを手掛ける中国のGTCOM(北京市)が、2018年で設立5周年を迎えた。7月31日に北京市で開催した記念イベントで、同社の幹部は、アジアのなかで日本の市場を特に重要視しているとの考えを示した。(取材・文/齋藤秀平)

設立5周年イベントの会場
于洋CEO

 GTCOMによると、同社は1970年代に設立された中国国営の翻訳専門会社・対外翻訳出版の子会社。人工知能(AI)などの技術を活用し、新しい翻訳サービスや製品を開発することを目的に設立された。長年にわたって培ってきたデータを生かした翻訳の精度では中国トップレベルという。

 イベントの冒頭であいさつしたGTCOMの黄松董事長は「これまでに蓄積してきたノウハウをもとに、機械翻訳や音声認識などの先進技術を自社で開発し、翻訳業界をリードしている」と自社の特徴をアピール。最近の取り組みとしては「ビッグデータの収集や分析を積極的に進め、データの未来を変えようとしている」と紹介した。

 続いて登壇した于洋CEOは、「この5年間を振り返ってみると、いろいろな困難や苦労があったが、そういうことがあったからこそ、われわれは成長できた」とし、14年にマルチ言語機械翻訳プラットフォームを公開したり、18年7月に米国市場に参入したりしたことを説明した。

 そのうえで、専門的な用語や技術の検索に特化した分析プラットフォーム「JoveEye」などを示し、「われわれは、ほかの会社と比べても圧倒的に多い科学のデータを持っている。JoveEyeを活用することで、全世界の科学の発展を簡単に把握することができる」と紹介した。
 
会場に展示されたGTCOMの製品

「日本市場はアジアで最重要」

取材に応じる于洋CEO
 GTCOMの于洋CEOが7月31日、北京市内で開催した同社設立5周年イベントの会場でBCNの取材に応じ、「日本市場は、アジアのなかで最も重要だ」と述べ、すでに日本向けの製品やサービスの開発に着手していると説明した。

 于CEOは、日本市場を重要視する理由について「日本は、中国人の最も人気のある旅行先の一つ。距離的にも文化的にも近いため、翻訳サービスの市場のなかでは、米国と並んで重要度が高い」と説明し、「中国人の旅行者向けだけでなく、日本人のためにも開発している」と述べ、すでに日本市場向けの製品開発を進めていることを明らかにした。

 そのうえで、「一番重要なことは、日本の言語サービスのなかにしっかり入ること」とし、「言語は対外交流をする上で非常に大事で、翻訳の重要度は高い」と強調。「私たちの資金や言語のデータ、経験と、パートナーシップを結ぶ高電社(大阪市)が持っている日本の販路やノウハウを組み合わせることで、日本でビジネスを展開しやすい環境をつくることができる」との考えを示した。

 また「日本は世界のなかでも強い国で、金融や科学の分野で膨大なデータがある」と説明。力を入れて研究開発をしているビッグデータ分析やAIを活用し、日本のデータを活用したビジネスも視野に入れていることを示唆した。