大塚商会(大塚裕司社長)は、IT資産の安全な運用管理を代行するサービス「たよれーる らくらくSKYSEA」を10月11日に開始した。

 提供する運用管理の代行サービスは、IT資産の運用に必要なPCの設定や管理をリモートで行い、毎月のPC利用状況やセキュリティー事故につながる不正アプリケーションの存在などをレポートにまとめることで企業のIT資産の運用管理にかかる負荷を軽減し、セキュリティーポリシーを向上することができる。また、PCのログ管理により、従業員の勤務状況を把握、働き方改革につなげることができ、従業員の過重労働対策に取り組むこともできる。

 今回のサービスでは、日本国内で1万3000ユーザー以上の顧客に導入されているクライアント運用管理ソフトウェア製品であるSky(大浦淳司社長)の「SKYSEA Client View」を用いて提供するもの。大塚商会では、これまでさまざまな環境の顧客をサポートしてきたITのノウハウを生かし、専門知識を必要とする操作の代行や顧客環境をレポートにまとめることでIT資産の可視化を実現する。

 SKYSEA Client Viewを利用している企業に対し、同社専任技術者によるリモートでの運用代行や不正アプリケーションのリスト更新、各月の傾向が分かる月次レポートを提供する。導入企業は、IT資産の適切な運用管理やセキュリティーリスク対策、PCの適切な利用時間管理を実現することができる。

 税別価格は、初期設定料が7万5000円。月額費用が1-49ライセンスで1万円、50-99ライセンスで1万2000円、100-199ライセンスで1万5000円、200-299ライセンスで1万8000円、300ライセンス以上は個別見積もり。同社では、3年間で1000社の販売を目標としている。