組込みシステム技術協会(JASA、竹内嘉一会長)は11月14日から16日にかけて、組み込み(ET)・IoT技術の総合技術展「ET&IoT Technology 2018」を開催する。エッジ側で収集したデータを処理し、ネットワーク負荷や通信の遅延を低減する「エッジコンピューティング」を実現する技術に焦点を当て、最新トレンドなどの情報を提供する。

 展示会のポイントは、六つに分かれたテーマゾーン。「組込みAI活用」「IoT無線技術」「スマートセンシング」「セーフティ&セキュリティ」と、今年新設した「次世代モビリティ」「エッジコンピューティング」に分かれ、関心のある分野に応じた情報の収集がしやすくなっている。また、「エッジ」「次世代モビリティ」「組込みAI」「セキュリティ」の各領域のキーパーソンによる九つの基調講演を用意。日本と海外のスタートアップ企業による展示も見どころだ。

 このほかにも、会期中には業界の発展に寄与する優れた製品やサービスを表彰する「ET/IoT Technology Award 2018」や、組み込みIoT人材の発掘・育成を目的としたハッカソン「IoT Innovation Challenge 2018」、若手組み込み技術者がソフトウェア技術を競う「ETロボコン2018」などを同時開催する。


■ 日時
11月14日(水)~16日(金)
10:00~17:00
(15日は18:00まで)
■ 場所
パシフィコ横浜
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
■参加費
1000円(税込)
(招待状持参者や事前登録者は無料)
■ 主催
組込みシステム技術協会
■ 後援(予定)
経済産業省、横浜市、情報処理推進機構、YRP研究開発推進協会