エクセルソフト(永山哲也代表取締役)は、英Armが提供するArmアーキテクチャーベースのSoC向け組み込みソフトウェア開発のためのツールスイート「Arm Development Studio」を12月18日に発売した。

 Arm Development Studioは、小さなマイクロコントローラーからカスタマイズのマルチコアプロセッサーまで、ArmアーキテクチャーベースのさまざまなSoC向けにC/C++の組み込みソフトウェア開発環境を提供する。Arm Keil µVision IDEとEclipse IDEに統合されたArm C/C++コンパイラとデバッガ、パフォーマンスアナライザ、シミュレーションモデルなどを含んでいる。

 ベアメタル、リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)、Linuxソフトウェアの開発で、設計の初期段階から最終工程であるテストに至るまで全ての工程をサポートし、64-bit版デバイスとソフトウェア製品をいち早く市場に投入することが可能となる。

 Bronze Editionは、全てのArm Cortex-Mをターゲットとしたプロジェクトに必要なツールを提供する基本エディション。また、Armv7以前のアーキテクチャーのCortex-AとCortex-R向けのデバッグとパフォーマンス解析もサポートする。

 Silver Editionは、全てのCortex-MファミリとArmv7以前のアーキテクチャーのArmプロセッサー向けに、Arm C/C++コンパイラ、デバッガ、パフォーマンスアナライザ、シミュレーションモデルなど全てのツールを提供する。また、Armv8アーキテクチャーのCortex-AとCortex-R向けのデバッグとパフォーマンス解析もサポートしている。

 最上位エディションとなるGold Editionでは、Silver Editionに含まれる全ての機能に加え、最新アーキテクチャーArmv8や開発中のプロセッサーを含む、全てのArmプロセッサーとアーキテクチャーをサポートする。Arm C/C++コンパイラでArmv8ベースのCortex-AまたはCortex-Rプロセッサー向けにコードをビルドすることができ、バイナリコードサイズの削減や、パフォーマンスの最適化を図ることができる。また、Armが新機能を発表した際に、いち早く機能の検証を行い、製品の設計に反映させることが可能となる。