米ルーブリック(ビープル・シンハCEO)は1月23日、テクノロジー・インテグレーション・パートナー向けのグローバル・プログラムとして、初の「ルーブリック テクノロジー・アライアンス・プログラム(TAP)」を発表した。

 TAPは、幅広い提携パートナーとのエコシステムを構築することで、「Rubrik Cloud Data Management」「Rubrik Polaris SaaS」プラットフォーム、「Rubrik Datos IO」の拡大を図り、共通した顧客に優れた価値を提供するもの。プログラムは、段階的に構成され、差別化のためのフレームワークや、ルーブリックとのシームレスな連携を可能にするAPI、技術情報へのアクセスを提供する。

 具体的には、「ファウンデーション」「ソリューション」「ストラテジック」と3段階のレベルがあり、レベルが上がるに従い要件とメリットが徐々に増えていく。アライアンス・パートナーの認定は、技術の革新性、市場でのリーダーシップ、さらにルーブリックが提供する価値との整合性を基に行う。

 ルーブリックのTAPパートナーには、開発を支援するテクニカル・リソースや主力市場の強化と共同マーケティングのためのツールを提供する。また、製品情報や各種トレーニング用コンテンツだけでなく、サポート・チームを利用でき、優れた機能のソリューションを速やかに開発、検証できるようになる。