アイティフォー(東川清社長)は2月15日、パッケージクラウド「IPaC」を提供するクラウドサービスプロバイダーとして、日本情報経済社会推進協会の「ISO/IEC 27017:2015に基づくISMSクラウドセキュリティ認証に関する要求事項(JIP-ISMS517-1.0)」(ISMSクラウドセキュリティ認証)を2月7日に取得したと発表した。

 今回の認証取得で、同社はクラウドサービスのプロバイダーに求められるセキュリティーの要求事項に沿った管理を満たしていることを、第三者機関から認められたことになる。これにより、金融機関の顧客をはじめとした各企業は、これまで以上に安心してサービスを利用できるようになる。

 同社では、今後もIPaCをはじめ、顧客がより安心安全に利用できるよう引き続きセキュリティー強化を図っていく方針。