クオリティア(松田賢代表取締役)は3月12日、鈴与シンワート(池田裕一社長)、ディサークル(西岡毅社長)と業務提携し、クオリティアのウェブメールサービス「Active!mail」が鈴与シンワートの提供するビジネスチャットサービス「TAGS」と、ディサークルのグループウェア「POWER EGG」との連携サービスを開始したと発表した。


 Active!mailとPOWER EGGは、2009年9月から業務提供し、シングルサインオンを実現したシームレスなウェブメールとグループウェアの運用を実現している。今回の業務提携により、新たに鈴与シンワートが提供するビジネスチャットサービスのTAGSとも連携が可能となった。

 TAGSは、チャット特有の社内外のコミュニケーション促進だけでなく、BOT機能を活用することで時間を選ばず、BOTによる即時回答(情報伝達)を行うことができる。これまで、POWER EGGの各機能やActive!mailから操作していた登録作業もチャットから操作ができ、また新着や登録変更などの通知もチャットに自動送信する。業務のスピードアップを支援することに加え、さらなる業務構造のシンプル化を実現する。

 TAGSの価格は1ユーザー当たり月額180円、連携ツールは1ユーザー当たり月額50円。最小導入数は30ユーザーから。