週刊BCNは3月20日、TKP東京駅前セントラルカンファレンスセンターで「SIer・リセラー必見!有力商材で広がるITビジネスセミナー」を開催する。協賛は、KDDI、NTTPCコミュニケーションズ、アクロニス・ジャパン/SB C&S、マジックソフトウェア・ジャパン/富士通、シーディーネットワークス・ジャパン、後援はITコーディネータ協会。

 セミナーでは、協賛企業各社が六つのセッションに分かれて、ベアメタルサーバーサービスやバックアップ、超高速開発ツールなど、各社のイチ押し商材や市場環境、パートナー支援策などについて、SIer・リセラーに向けて紹介する。

 基調講演では、IT記者会の佃均代表理事が、「デジタルファースト/クラウドファースト『サービスを作り込む』というアプローチ」をテーマに、デジタルトランスフォーメーション(DX)化を提案するためのヒントを紹介する。BCNセッションでは、週刊BCNの畔上文昭編集委員が「週刊BCNは見た! DXの光と影~『2025年の崖』って本当なの?~」と題し、DXをはじめとするIT業界の最新トレンドを解説する。

 参加費は無料。専用ページからの事前登録で参加できる。当日は協賛企業との名刺交換の時間も設けられている。


■ 日時:
3月20日(水)13:00~18:00
(受付開始 12:30~)
■ 場所:
TKP東京駅前セントラルカンファレンスセンター ホール12A
(JR東京駅・八重洲中央口から徒歩1分)
■ 定員:50人
■ 参加費:無料(事前登録制)
■ 主催:BCN
■ 協賛(順不同):
KDDI、NTTPCコミュニケーションズ、アクロニス・ジャパン/
SB C&S、マジックソフトウェア・ジャパン/
富士通、ヴィーム・ソフトウェア、シーディーネットワークス・ジャパン
■ 後援:ITコーディネータ協会