NECソリューションイノベータは、米NetskopeのCASBソリューション「Netskope」の提供と導入支援を6月19日に開始した。

 Netskopeは、セキュリティリスクの高いアクティビティの検出、機密性の高いデータの保護、脅威の拡散阻止、インシデントへの対応など、クラウドサービスの安全な利用やコンプライアンスの順守を支援するソリューション。

 NECソリューションイノベータでは、Netskopeの提供にあたり、クラウドサービスの利用と企業内での一貫性のあるセキュリティポリシーの適用などに関する導入支援を行う。また、同社が提供するIDaaSソリューション「OneLogin」を組み合わせたソリューションにより、「利便性とセキュリティ」に配慮したクラウドサービスの活用を支援する。これらによって、クラウドサービス利用での企業のガバナンス強化を実現する。
 
「Netskope」の概要イメージ

 税別価格は、Netskope Active Platformが1ユーザー当たり年額2万2000円(30ユーザーから)、Netskope IaaS Professionalが1リソース当たり年額2万5000円(30リソースから)、Netskope for Web(Netskope Active Platformのオプション)が1ユーザー当たり年額8800円(30ユーザーから)。同社では、今後1年間で5万ユーザーライセンスの販売を目指す。