SCSK(谷原徹社長)は7月25日、ブレインズテクノロジー(濵中佐和子代表取締役)と企業内検索エンジン「Neuron」の販売代理店契約し、サービス提供を開始したと発表した。

シンプルで直感的な検索画面イメージ

 Neuronは、世界中のエンジニアにより鍛え上げられたオープンソースの「Apache Solr」をベースに、企業向けに機能強化を遂げた検索エンジン。従業員のナレッジを含んだ文書は、部門や拠点ごとに点在するファイルサーバー、ウェブサイト、文書管理システム、グループウェア、データベース、クラウドストレージなど、その保存先は多様化しているが、Neuronではそれぞれの認証システムと連携しセキュリティを担保しながら、企業内に点在している文書を横断的に検索することができる。

 また、利用者の検索/行動履歴を分析できる管理機能や、大規模でも高性能を実現し、コストパフォーマンスが良い点も評価され、多くの顧客に利用されているという。