SCSK(谷原徹社長)は7月2日、マツダ(丸本明社長兼CEO)とひろしま産業振興機構(ひろしま産振構、深山英樹理事長)と連携し、将来の自動車開発を支えるソフトウェア開発人財の育成プラットフォーム構築支援を開始したと発表した。

 マツダは、今後さらに車両部品に占めるソフトウェアが爆発的に増加していくことを踏まえ、ソフトウェア開発エンジニアの育成を喫緊の課題として捉えていた。ソフトウェア開発人財育成構想をまとめるにあたり、SCSK、マツダ、ひろしま産振構でワーキンググループを形成して、車載ソフトウェア開発者育成のためのSCSK教育カリキュラム構築ノウハウや教材の共有を行い、カリキュラム拡充とともに、マツダ、SCSK両社でトライアル教育を実施し、カリキュラムのブラッシュアップも並行して行っていく。

 今回の人財育成プラットフォームでは、地域の学生/企業育成を視野に入れ、開かれた育成プラットフォーム構築を目指し地域人財の底上げを図る。今後、順次一般にも受講できるように整備を進めていく。