日立システムズ(北野昌宏社長)は5月29日、同社とリアルグローブ(大畑貴弘社長)、インフォメーション・ディベロプメント(山川利雄社長)と協業し、ドローンなどの位置情報とドローンなどで撮影した映像などを地図上に集約してリアルタイムに共有するプラットフォーム「Hec-Eye(ヘックアイ)」のアプライアンス版「Hec-Eyeパッケージ」の販売を6月末に開始すると発表した。

Hec-Eyeの画面イメージ

 Hec-Eyeは、複数のドローンやスマートフォンなどの機器と連携し、撮影映像や位置情報などの各種データをリアルタイムに地図上で共有でき、また取得データを統合・管理できるGISプラットフォーム。Hec-Eyeを導入することで、複数台のドローンを活用して実施する橋梁点検や、複数の場所で発生している災害などの状況をリアルタイムで一元的に把握することが可能となり、ユーザーの迅速な意思決定や対応を支援する。

 従来のHec-Eyeは、各種設定を個別に行ったPCからインターネット経由で利用するクラウドサービスだったが、PCの設定や障害時の原因切り分けなど、ユーザー自身が対処する部分が多くあった。そこで、今回、Hec-Eyeの開発元であるリアルグローブのソフトウェア技術に加え、インフォメーション・ディベロプメントのキッティング体制、日立システムズのコンタクトセンターや販売網を組み合わせ、アプライアンス版のHec-Eyeパッケージとして販売する。

 Hec-Eyeパッケージは、Hec-Eyeの導入から利用、不具合発生時の対応まで、サービスをオールインワン化した製品。この製品に対して、インフォメーション・ディベロプメントはユーザーごとの個別設定情報に基づいてPCをキッティングし、Hec-Eye専用PCとして提供する。これにより、PC起動後すぐにHec-Eyeが起動するため、ユーザーはサービス利用開始時の面倒な設定作業がなくなり、煩雑な運用操作が不要になる。

 また、日立システムズは、サービスインフラであるコンタクトセンターを活用し、ユーザーからの問い合わせに対応可能なヘルプデスクサービスを提供する。これにより、ユーザーからの操作や不具合に関する問い合わせを常時一元的に受け付け、対応することが可能となる。

 今後、日立システムズは、Hec-Eyeパッケージをドローン運用統合管理サービスのオプション機能として、全国の販売網を通じて拡販していく。また、リアルグローブは、Hec-Eyeのさらなる改良を進めつつ、より広いユーザーに活用できる手軽で使いやすいサービスの開発に取り組み、インフォメーション・ディベロプメントは、Hec-EyeをはじめとしたWaKu-WaKuするITソリューションを、より多くの顧客に提供できるように取り組んでいく方針。