ブイキューブ(間下直晃社長)とNTTテクノクロス(串間和彦社長)は8月28日、両社が得意とする映像や音声技術を活用し、新たな市場創造を目指した提携を構築することについて合意したと発表した。

 両社は国内でウェブ会議市場の黎明期から事業展開を開始し、ともに市場の創造と成長をけん引してきた。今回の連携により、両社が長年培ってきたウェブ会議分野での技術やサービス、顧客サポート体制を組み合わせ、今後の成長が期待される働き方改革分野に向けて新たな価値を提供する。また、コミュニケーション関連市場にとどまらず、両社が得意とする映像や音声技術を生かして、新たな市場創生に向けた協力関係を構築していく。

 提携による取り組みの第一弾として、コミュニケーション関連市場での働き方改革ソリューションの相互販売を実施する。具体的には、NTTテクノクロスがブイキューブのウェブ会議サービス「V-CUBEミーティング」の販売代理店となることで、両社のウェブ会議分野での技術やノウハウを融合して、働き方改革のウェブ会議市場の拡大を目指す。また、ブイキューブがNTTテクノクロスのリモートアクセスツール「MagicConnect」の販売代理店となることで、働き方改革関連市場の開拓を推進する。

 今後は、ウェブ会議市場で12年連続国内シェア1位のブイキューブの実績と、NTTテクノクロスが有する映像解析・音声認識などの技術を生かし、次世代のプラットフォームサービスPaaSや移動サービスMaaSなどのビジネス領域で、新サービスの共同開発を視野に入れた技術検討を開始する予定。